Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

初めてメルカリで出品してみた!出品後2分で売れた商品とは?

f:id:pineapple-bomb:20190921112533j:plain

フリマアプリといえば、メルカリとヤフオクですよね。

特にメルカリはヤフオクよりスピード感があって、ポンポン商品が売れてくれるので使いやすいです。

メルカリはゲーム感覚でどんどん商品が売れていきます。

この記事では、僕が初めてメルカリで出品した商品をご紹介。

メルカリ初心者向けの記事です。

 

この記事の要約

出品してすぐに売れるのは価格設定が低すぎた証拠。

メルカリで稼ぎたいなら、最初はかなり高めの価格設定で出品しよう!

 

1.初の出品はDVDセット 

 

メルカリ 初めて 出品

記念すべき初出品は、⬆︎⬆︎⬆︎のようなDVDのセットです。

昔、ヒッチコック監督の映画にハマっていたので、そのDVDがたくさんあったんです。

今回はそのDVDをセットにして出品しました。

一つずつバラで売ることも考えましたが、それだと手間がかかるのでセットにして売ることにしました。

 

出品の手順はかんたん!

さっきの画像のように売りたい商品を写真に撮って、商品の状態や説明を打ち込むだけなので超簡単です。

思い立ったらすぐ出品できる!

これがメルカリのスピードです。

 

2.出品して2分後に売れた

驚いたことにこの商品、出品して2分後に売れました。

出品価格は送料込みで4800円に設定してました。

初心者だったので「とりあえずこんなもんかな?」という軽い気持ちの価格設定です。

すると、ネットサーフィンをしている率の高い平日の夜だったせいか、出品して2分後に購入されました。

メルカリってここまでハイスピードの世界なのか!?

初心者の僕は驚きました。

 

売れたら適当なダンボールに梱包してコンビニに持っていくだけ

出品した商品が売れたら、後はちょうどいい大きさのダンボールに入れて梱包してコンビニに持っていくだけです。

メルカリのすごいところは、出品者側の住所や氏名を教える必要がなく、相手の住所や氏名を知ることもないところです。

普通の宅急便のように、伝票に自分と相手の住所を書く必要はなし。

つまり、お互いに完全匿名で取引ができるということ。

プライバシー的にも安心安全です。

 

3.利益はいくらになったか?

商品が日本のどこかの購入者様に届くと、受取評価が通知されます。

これにて取引は完了。

送料と販売手数料が引かれた手取り額がもらえます。

 

今回の収入の内訳

商品代金¥4,800(最初に自分で設定した価格)

販売手数料¥−480(メルカリに仲介料として払うお金)

配送料¥−800(今回はらくらくメルカリ便の宅急便を利用。80サイズだったので800円でした)

手取り額¥3,520 

 

 

販売手数料が10%も引かれるのはイタイ……。

宅急便の送料は800円かかったので、手取り額は3520円になりました。

最初に自分が設定した価格から、1300円近くもマイナスされる結果に。 

販売手数料と送料を引くと意外と手取り額が少なくなるので注意!

 

4.反省点

価格設定をもっと上げておくべきだった

実は出品してすぐに売れるというのは、良いことではないんです。

すぐに売れるということは、価格設定が低すぎたということに他なりません。

 

では、今回のDVDセットは何円くらいに設定しておけばよかったのでしょうか?

試しに、DVD一つ一つの中古価格の最安値を調べてみましょう。

(面倒なので今回はAmazonでのみ調べてます)

中古最安値

『サイコ』622円

『ヒッチコックミステリー劇場 DVD10枚組』797円

『ヒッチコックサスペンス傑作選 DVD10枚組』597円

『農夫の妻』351円

『スミス夫妻』500円

『リング』351円

『下宿人』364円

『めまい』327円

『トパーズ』351円

『裏窓』441円

『ハリーの災難』475円

『鳥』416円

『北北西に進路を取れ』351円

 

合計すると5943円。

なので最初から6000円くらいで出品していてもぜんぜん問題なかった。

むしろもう少し強気になって7000円や8000円、あるいは1万円でもよかった。

メルカリでは明らかにぼったくりの高価格に設定してもペナルティーはないので、もっと高めの価格設定にしておくべきでした!

価格設定は強気でいくべき!

他のメルカリ記事⬇︎⬇︎⬇︎