つづるん

つづるブログ

Small+α

iPhone11proの望遠カメラの使い方と使い道は?

iPhone11 望遠カメラ 使い道 使い方
iPhone11proとiPhone11promaxに搭載されている新機能の「望遠カメラ」ですが、これがなかなか高性能です。

しかし、同じくiPhone11シリーズから新しく搭載された超広角カメラが自撮りや風景の撮影に大活躍する一方、「望遠カメラは使い道がわからない」との声も多いのが事実。

望遠カメラは、いったいなにに使えばいいのでしょうか?

!注意!

望遠カメラが搭載されているのは、iPhone11proとiPhone11promaxだけです。

無印のiPhone11には望遠カメラは搭載されていませんので注意!

1.望遠カメラの使い方

使い方は簡単です。

カメラアプリを起動するだけで、あとは左右にスワイプすれば倍率を自由に切り替えることが可能です!

望遠カメラ iPhone11望遠カメラ iPhone11



「超広角レンズと望遠カメラは別の機能だから切り替えに時間がかかる」というのは、よくある誤解です。

実際は、切り替えにまったく時間はかからず、シームレスに切り替えをすることが可能です。

一箇所からいろんな倍率で風景が撮れるので、初詣のように大勢の人がいて動きづらい時には特に便利ですね!

2.望遠カメラの使い道

さて、ここが肝心なところです。

たしかに、歴代iPhoneの中で最強の倍率でズーム可能な望遠カメラですが、どうやって使えばいいんでしょう?

超広角カメラはたくさんの使い道があって、ツイッターやインスタなんかでも盛り上がっているのですが、
望遠カメラだけは仲間はずれにされているので、少し望遠カメラくんの使い道を考えてみましょう。

①圧縮効果でダイナミックな写真を撮れる

「圧縮効果」とは、遠くにある被写体がまるで近くにあるように大きく見え、手前の被写体と大きさが変わらないように見える撮影効果のことです。

引用元:https://www.rentio.jp/matome/2017/07/telephoto-lens/

⬆︎⬆︎⬆︎の写真は、圧縮効果を伝えるのにうってつけです。
背景にあるビルと手前にある飛行機がほぼ同じ大きさに見えますが、実際は8kmも離れているそうです。

実際は飛行機とビルを比べると、飛行機のほうが圧倒的に小さいはずなのですが、望遠カメラを使うとまるで両者が同じ大きさのように錯覚してしまうようなダイナミックな写真を撮れるんですね。

風景をよく撮る人には、iPhoneで圧縮効果の写真が撮れるのは嬉しいですね。

POINT

ただし、iPhoneの望遠カメラを使う場合は、ズームすればするほど手ブレがひどくなるので、手持ちでさっきの写真のようにキレイな写真を撮るのは難しいです。



基本的に望遠カメラを最大限に使いたい人は、三脚が必須です。

②運動会などでの撮影

これはお子さんがいる人向けですが、運動会などで子供を撮影したいときってありますよね?

でも、運動会ってかなり離れたところから撮影しないといけないので、iPhone11の望遠カメラは役に立ちます。

さきほども言ったように、望遠カメラの切り替えには全く時間がかからないので、距離によってズームインしたりズームアウトしたりということも柔軟にできます。

たとえば、リレーなんかだと──
子供が近くを走っているときはズームアウト、遠くを走っているときはズームインというふうに簡単に切り替えることが可能です。



ズーム機能が貧弱なカメラだと遠くからばっかりの撮影になってしまい、まるで監視カメラの映像のように味気ないものになってしまいますが、
望遠カメラを使うことでメリハリのある映像をとることが可能です!

③バードウォッチングなどの動物観察

鳥の生態を観察して楽しむという趣味がありますよね。

望遠カメラはそんな時にも活躍します。

鳥はものすごく小さい被写体なので、ふつうのカメラで撮ってもほとんど映りませんが、
望遠カメラなら、かなりこまかいところまで映すことが可能です。

本来は専用の撮影機材が必要なはずのバードウォッチングですが、iPhone一つでもできてしまいます。

もちろん固定用の三脚は必須ですけどね!

④証拠画像の撮影

これはちょっとリアルな話になるんですが、今って多くの車がドラレコをつけてますよね。

なぜかっていうと、犯罪行為(あおり運転とか)に巻き込まれたときに証拠映像があると、あとで法的に有利になるからです。

iPhone11の望遠カメラがあれば、より精度の高い証拠画像を撮ることが可能です。
(専門的には「より証拠能力の高い証拠」と呼ぶそうです)



たとえばですが、他の車にあおり運転をされた時。

運悪く自分の車にドラレコをつけていなかったとしましょう。

そうなると、自力で相手の車を撮影しないといけません。

そのときに、iPhoneの望遠カメラがあれば、相手の車のナンバープレートやドライバーの顔なんかもズームでばっちり撮影することが可能です。

きっちり証拠になるので、これは知っておいた方がいいです。

POINT

あとで指摘されたのですが、あまり露骨に相手を撮影すると相手が逆ギレしてより危険になる可能性もあるので、やりすぎないほうがいいかもですね……。

まあ、いざという時に望遠カメラがあれば、より正確な証拠画像を撮影できることは間違いありません。



あおり運転されたときの話

ちなみに僕も、あおり運転をされたときに、相手のドライバーの顔を撮影したことがあります。


このときは、僕も頭にきていたので相手が逆ギレする可能性とか考えずに、望遠カメラで撮影していたのですが、相手は僕がカメラを向けるとすぐにどっかに行ってしまいました。

場合によっては、望遠カメラを相手に向けることが威嚇になるときもあるようですね。

【まとめ】超広角カメラに比べると、望遠カメラの使い道は限定される

超広角カメラに比べると、望遠カメラの使い道が限定されることはまちがいないです。

ただし、正直言って、僕は望遠カメラはあんまり使っていません。 僕も風景の写真をよく撮るのですが、使うのはいつも超広角レンズばかり。

なにか撮りたい風景があれば、基本的に近づいて撮ればいいだけの話なので、わざわざ望遠カメラを使うシチュエーションはそれほど多くないです。

望遠カメラが活躍するのは──

望遠カメラが活躍するとき

圧縮効果を使った風景写真が撮りたいとき

運動会や動物園などで、遠くから撮影しないといけないとき

遠くにいる小さな動物を撮影したいとき

緊急時に証拠画像を撮影したいとき

──こんな感じですね。

個人的に望遠カメラがあれば、撮影の幅がグンと広がるので、あったほうがいいと思います。

基本的に「iPhoneは毎日肌身離さず持ち運ぶものなので、一見いらないように思える機能もできるだけ搭載したほうがいい」というのが僕の考えです。

望遠カメラも使い道によっては活躍しますよ!





カメラレンズを保護してくれる、とっておきのiPhone11proのケースはこちら⬇︎⬇︎⬇︎。 www.sumo-pula.com