Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

就活でお祈りメールを食らい続けた僕が町を歩きにくくなった理由

就活 精神

就活では、お祈りメールをいかにスルーするかが大事です。

僕はかなり就活に苦戦してきたので、精神的に危うくなった時期もありましたが、なんとか乗り越えてきました。

 

でもね、いまだに就活の「後遺症」があるんです。

 

就活の後遺症とは?

実は、町を歩きにくくなってしまったのです……。

 

1.町のいたるところに嫌な思い出が…

僕は、就活の大部分を大阪でやっていました。

もちろん合格をもらった企業よりも、お祈りメールを食らった企業の方が多かったです。

 

つまり──

町のいたるところに嫌な思い出が散らばっているのです。

 

具体的に言いましょう。

たとえば難波の近くを歩いていると、とあるビルが目にとまって「あ、あのビルは俺を落とした会社があるビルだな」とか思わず頭に浮かんでしまうんです。

 

特に、あべのハルカスにはたくさんの企業が入っています。

就活生を惹きつけるために、あえてあべのハルカスで面接をする企業がたくさんあるんです。

僕もいろんな企業を受けるために、あべのハルカスに何度も足を運びました。

そして、その度に落とされて帰ってくる。

f:id:pineapple-bomb:20191011134416j:plain

正直、あべのハルカスにはもう近づきたくもありません。笑

 

2.就活が長引くほど嫌な思い出が町に増えていく

僕のように長期間にわたって就活をやっていると、それに比例してお祈りメールをもらう回数も増えますから、町に嫌な思い出が増えていきます。

 

大阪では本当に数多くの企業の面接を受けたので、大阪のどこを歩いても嫌な思い出を思い出すという状況になってしまいました。

 

まだ、就活を経験していない人にはイメージしにくいと思いますが、就活にはこんな負の側面があるんだということは知っておいて欲しいです。

 

就活は短期決戦で勝負を決める方がいい!

 

3.結局は時間が癒してくれる

といっても、そんなに深刻にとらえることはありません。

結局は時間が経てば、そんなこと忘れていってしまうのです。

嫌な思い出をいつまでも引きずっているほど、人間の脳は大容量ではありません。

 

新しい目標を見つけて、日々がんばっているうちに昔の嫌な思い出なんか自然消滅していきますよ!

4.就活に苦戦している人に伝えたいこと

最後に、就活に苦戦している人にどうしても伝えたいことがあります。

 

それは「自己PRは伝わらなくて当然」ということ。

⬇︎⬇︎⬇︎の記事でも書いたのですが──

 

自己PRは心理学的によくないことなのです。

人間の価値というものは、簡単に言語化できるものではないし、ましてや今日が初対面の面接官においそれと伝わるはずがない。

 

だから企業に落とされたといっても、それはあなたのほんの一部を見た結果だということ。

 

面接官は、海上に出ている部分だけしか見てくれません。

海の下にある本当のあなたを見てくれる面接官なんて、いません。

就活 自己PR 心理学

 

なので、面接に落とされてお祈りメールをもらったからといって、海の下にある本当の自分まで全否定してしまう必要は全くないのです。

 

就活生よ、気楽に行こう!

とどのつまり、人生なんて屁みたいなもんです。

お祈りメールをもらいまくったことなんて、いつか飲み会の笑い話になります。

現に、僕は面接に落ちまくったことでこの記事を書けてるわけですしね!

まとめ

この記事は、現在就活中の人に限らず、これから就活を控えている人、今は普通に会社員だが、将来転職活動をする予定のある人にも役立ちます。

 

人生100年時代ですし、一生同じ会社で働く人はもはや絶滅危惧種。

転職活動が当たり前になってきた社会の中で、面接に落とされたという嫌な記憶をいかに吹っ切るかは、重要なスキルです。

 

ぜひ、参考にしてください!