Small+α すもぷら

昨日までの自分に小さな+αを足していくブログ

検索流入1位の記事を紹介します

検索流入 1位

こんにちは。このブログ「すもぷら」を開設してから4ヶ月近く経過しました。

いまだに1日のPV数は多くても70前後なので、まだまだ発展途上です。

でもPVは少ないんですが、検索流入はかなり多いです。

f:id:pineapple-bomb:20191026161334p:plain

GoogleとYahooを合わせて70パーセントを超えているので、検索流入の割合は高めです。

というかはてなブログでやってるのに、はてなブログ経由のPVが4%しかないってどういうことや……

検索流入の割合が多いのは初心者ブロガーにとってはなかなか嬉しいことです。

検索流入からきてくれる人の方が広告をクリックしてくれる可能性が高いですからね。

 

そこで、この記事では僕のブログで最もクリックされている記事、つまり「検索流入1位の記事」を紹介します。

ブロガーのみなさんは参考にしてくださいね!

 

1.検索流入1位の記事はこれ

 さくっと発表してしまいますが、僕のブログで検索流入1位を誇る記事は⬇︎⬇︎⬇︎です。

 

 

トータルクリック数が200を超えているので、僕のブログの記事の中ではかなり強い記事です。

他の記事では良くても50クリック程度なので……。

 

毎日更新に追われて苦し紛れに書いた記事だった

でも実はこの記事、毎日更新を自分に課していた頃に苦し紛れに書いた記事だったんです。

「ああ、今日のブログ書くことない……。しゃあない、とりあえずMacbookを電源につないだままで問題ないかどうかを、ネットで調べて書こう」

──みたいな感じでした。

正直言って、文字数も多くないし、それほど力を入れて書いたわけでもない記事が検索流入1位なのはなんだか歯がゆいものです。

 

逆に力を入れた書いた記事がまったく検索でヒットしない、なんてことは日常茶飯事です。

「時間をかけて書いた記事が検索上位になるとは限らない」

これは僕の得た大きな教訓です。

 

2.サードキーワードで上位表示された

ちょっとSEOの専門的なことを書きますが、さっきの記事は「サードキーワード」を狙って書いたものです。 

 

f:id:pineapple-bomb:20191026165538p:plain

サードキーワードとは?

SEOではビッグキーワード、セカンドキーワード、サードキーワードというものがあります。

ビッグキーワードとは「iPhone」「windows」などの検索語のことです。

試しにググってみると分かりますが、ビッグキーワードで検索しても上位に表示されるのは企業の公式サイトやウィキペディアばかりで、個人のブログが上位表示されることはほとんどないです。

ましてや初心者ブロガーが太刀打ちできる世界ではない!

 

 

初心者ブロガーでも上位表示されるには、セカンドキーワード➡︎サードキーワードというふうに狙う範囲を狭めていくのが効果的です。

たとえばiPhoneであれば──

「iPhone アプリ おすすめ」

この場合、

①「iPhone」がビッグキーワード。

②「アプリ」がセカンドキーワード。

③「おすすめ」がサードキーワードです。

ビッグキーワードからさらにセカンド、サードキーワードというふうに付け足して範囲を絞れば、初心者ブロガーの記事であっても上位表示される可能性がでてきます。

 

僕の書いた記事は、

「Mac 電源 繋ぎっぱなし」と検索すれば、検索1位か2位に出てきます。

「Mac 電源」だけだと、まだまだ公式サイトがたくさん上位表示される激戦地なので、サードキーワードまで絞ったところ、見事検索上位に表示されたというわけ。

 

文字数が1300文字程度でも検索上位を狙える!

ちなみに僕の書いた記事は1300文字程度の短い記事でした。

「最低でも2000字はないと上位表示されない」とよく言われますが、そうでもないことが証明できましたね。

文字数よりも検索語をちゃんと意識して書くかどうかの方が大切なようです。

 

キーワードを調べるにはこのサイトがおすすめ

キーワードを調べるには関連キーワード取得ツールを使いましょう。

リンクは⬇︎⬇︎⬇︎

https://www.related-keywords.com/

 

僕が狙ったキーワードもちゃんと表示されてますね。

ここに表示されているということは、それなりに検索している人が多いということですから、うまく狙えば検索1位を獲得できるかもしれません。

 

まとめ

せっかく書いた記事が検索されないのは悲しいものですし、それが続くとブログ更新のモチベーションがなくなってしまいます。

やはり最低限のSEOは意識して記事を書いた方がいいですね。

 

この記事で紹介したSEOは、あくまで初心者に毛が生えた程度のレベルですからSEOを極めようと思うともっと勉強しないといけません。

とりあえずSEO最初の勉強におすすめなのは⬇︎⬇︎⬇︎の本です。

初心者がすぐにできるSEO対策を集めた本です。

本格的なSEOを学ぶには力不足ですが、初心者にはこれでも十分です。