つづるん

つづるブログ

Small+α

Macで虫眼鏡を使って長文を読みやすくしよう!

Macで作業していると、長文を読む機会は多いですよね。

 

知らない言葉に出会ったときに、Wikipediaを調べたり、他人のレビュー文を読んだり……。

 

pc画面上の長文を読んでいると、すぐに目が疲れません?

なぜか紙の本を読むときよりも早く目が疲れる気がします

 

そんなときに、すぐに役立つのがMacの虫眼鏡機能です!

 

虫眼鏡を使うだけで一気に文章が読みやすくなるので、

すぐに使えるライフハックとして、紹介させていただきます!

 

 

1.Macの虫眼鏡を使うとこんなに読みやすくなる

虫眼鏡を使わない状態だと、こんな文章を読むことになりますよね。⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:pineapple-bomb:20191229103908j:plain

 

Wikipediaくん、もっと改行してくれ…

これはWikipediaの文章ですが、改行も少なく、文字が詰まっているのでめちゃくちゃ読みにくいです。

 

こんな文章読んでたら、すぐに目が疲れてしまいます。

 

では、虫眼鏡機能を使ってみましょう!⬇︎⬇︎⬇︎

 

Mac 虫眼鏡

どうですか?

読みたい部分が拡大されるので、一気に読みやすくなりましたね!

 

この虫眼鏡を移動させながら文章を読んでいくと、それだけで読みやすくなります。

僕も最近、この虫眼鏡機能を知ったのですが、ぐっと作業効率が上がりました。

 

虫眼鏡機能を使わないのはもったいない!

 

2.Macで虫眼鏡を設定する方法

では、虫眼鏡機能を設定する方法を紹介します。

 

まず、「システム環境設定」から「アクセシビリティ」をクリック。

f:id:pineapple-bomb:20191230092140j:plain

 つづいて、赤矢印で示された部分をクリックして⬇︎⬇︎⬇︎の画像のように設定してください。

 

それができたら、緑色の矢印で示された部分をクリック。

Mac 虫眼鏡

 

 

最後に、「サイズと場所を調整」をクリックして、

自分の好みの虫眼鏡の大きさに設定できます。

 

Mac 虫眼鏡



 

あまり虫眼鏡が大きすぎると使いにくいので、画像にあるような大きさがおすすめです!

 

これさえ設定しておけば、いつでも虫眼鏡機能を使えます!

 

3.虫眼鏡を使うには?

虫眼鏡を表示するには、


「command+トラックパッドを二本指で上にスワイプ(もしくは、マジックマウスを上にスクロール)」

 

こうすれば、虫眼鏡が表示されます。

あとは、カーソルを動かすだけで自動的に虫眼鏡がついてきます。

 

虫眼鏡を解除するには、さっきと逆のことをすればOK.

つまり、


「command+トラックパッドを二本指で下にスワイプ(もしくは、マジックマウスを下にスクロール)」

 

 

簡単ですね!

 

まとめ

pc画面上で長文を読むのは、どうしても目が疲れます。

紙の本なら、そこまで目が疲れないんですけどね……。

 

虫眼鏡機能は簡単に使えて、作業効率がアップするのでぜひ使ってみてください!

 

といっても、虫眼鏡だけでは限界がありますよね?

 

そこで、PCで長文を読むコツを他にもまとめてあるので、

よかったら以下の記事もお読みください!

 

www.sumo-pula.com