つづるん

つづるブログ

Small+α

ps5の値段予想!高いか安いか?

ps5 値段 予想 高い
ラスベガスにて開催中CES2020(電子機器関連の新製品を発表するイベント)にて、ソニーがps5の情報を公式発表しました。

ロゴはps4と同じものだったので、特に変化はありません。

ロゴは今までどおりです



過去機を大幅に上回るハイスペックになると予想されるps5。

さて、そのお値段とは……?

現在、大きくわけて2つの予想があります。
「これだけ高スペックなら値段も高いに違いない」
という予想と 、
「いくら高スペックでも値段は今まで通りだろう」
という予想。

さて、どちらが正しいのか見ていきましょう。

1.ps5の値段が高くなる予想

ps5の値段が高くなる予想の理由を見ていきます。

高スペックだから

まず、ps5のスペックは、今までのプレイステーションシリーズを大幅に上回るものになっています。

ソニーの公式発表によると──

5つの特徴

ハプティック・アダプティブトリガー機能

3Dオーディオ・サラウンド機能

ハードウェアレベルでレイトレーシングに対応

超高速SSD搭載

ウルトラHD Blu-ray対応

──これらの特徴は過去機にはなかった、画期的な新機能ばかりです。


また、ps5は「プレイステーションVRへの対応はもちろんのこと、最大で8Kの解像度出力まで楽しめ、しかもPS4よりも低い消費電力でゲームを一時停止する機能も含まれる」そうです。


PS4 Proでは最大4K解像度出力だったので、最大解像度が8Kとは、どれほどの高画質なんでしょうか……?

これは値段もお高くなりそう…!

10万円超えのデバイスが当たり前になっているから

2019年9月に発売されたiPhone11シリーズも、余裕で10万円を超える価格設定でした。

デバイスの高機能化、高価格化が進んでいるのだから、ps5が10万円を越えても不思議ではないのかもしれません。

2.ps5の値段は高くならない予想

「いやいや、ps5はそんなに値段が高くならないよ」という予想もあります。


結論から言って、この予想の方が信頼できます。

ソニーは高価格設定で2回連続失敗しているから

まず、過去のプレイステーションシリーズの、発売当初の価格をごらんください。

PS4 41,979円  
PS3 59,980円(CECHA60GBモデル) 49,980円(20GBモデル)
PS2 39,800円  
PS 39,800円  



注目してほしいのは、ps3の価格です。

実は、かつてPS3リリース時に過去最高となる高値(59,980円)を設定したために、思ったほど売り上げが伸びず、大失敗したことがあるのです、

これに反省したソニーは、PS4リリース時には価格を下げました(41,979円)。


しかし、PS4が発売された2014年の時点では、すでにスマートフォンで無料で遊べるアプリが普及しており、「ゲームは無料で遊ぶもの」という風潮が強くなっていました。
これは、まったくもってソニーの予想外の事態であり、ソニーとしても価格の設定には慎重になるはずなのです。

つまり、ソニーはPS3、PS4と2回連続で価格設定に失敗しているわけです。

PS3もPS4も値段が高すぎるがゆえに失敗したので、PS5を高価格にするとは考えにくい…

任天堂は値段設定がうまい

ちなみにこちらは、任天堂の発売当初の価格をまとめたもの。

WiiU 31,500円(プレミアムセット) 26,250円(ベーシックセット)
Wii 25,000円  
GC 25,000円  
N64 25,000円  
SFC 25,000円  
FC 14,800円  

ソニーのプレイステーションシリーズに比べて、かなり低めの価格設定ですよね。

「貯金の少ない子どもたちにも手が届きやすい値段」ですから、この価格設定はうまいですよね。

スーパーファミコンからwiiまでの4世代を、全て2万5000円で一貫させているのはすごいですね!

日本の据え置きゲーム機市場が縮小しているから

現在の日本は、据え置きゲーム機市場が縮小しています。

スマートフォンなどの小さなデバイスでゲームをやる人が増えているので、当然ながら、大きな据え置き型ゲームを買って自宅でプレイしようという人は少なくなっているんですね。





世界的に見ると、据え置き型ゲーム機の主力市場はアメリカとヨーロッパです。

PS4は発売からしばらくの間、アメリカとヨーロッパで品不足になりましたが、日本ではあまり売れず品切れにはなりませんでした。



「PS5はまず最大のターゲットであるアメリカとヨーロッパに向けて先行発売し、日本の発売時期はかなり遅れて2021年以降になるのではないか」とも予想されています。

日本はあまり重視されていません

昔のように、一家に一台は必ず据え置きゲーム機があるような時代は終わりました。

据え置きゲーム機よりもスマートフォンでゲームをする人が大多数の中で、高価格のps5を発売してもおそらく売り上げは伸び悩むのではないでしょうか。



市場が縮小している場合は、値段設定を下げるのがビジネスの基本です。

やはり、ps5が高価格でリリースされるとは考えにくい……。

3.みんなの価格予想は?

みんながps5の価格を予想していますが、今のところ「4万円〜6万円程度ではないか」という声が多数派です。



「いくら高機能とはいえ、10万円越えはさすがにないだろ」というのがみんなの予想のようです。
僕もそう思います。

みんなの値段予想をのせておきますね。











まとめ

僕は子供の頃から任天堂のゲームばかりやっていたのですが、プレイステーションはなんかこう、超高性能で大人がプレイするゲーム機というイメージがありました。



確かに高機能のゲーム機ってわくわくしますよね!

僕はもう子供ではないし、子供のときに比べればお金に余裕がないわけじゃないので、
今回のps5は高価格でもいいから、僕らユーザーを驚かせてほしいです!

マジで革命的なゲーム機だったら、10万円出しても買うよ、俺は?

追記

テクニカルライターの西川善司さんは、YouTubeでPS5はレギュラーモデルとプロモデルになる可能性が高いと発言していました。

PS5 Proの価格は、レギュラーモデルよりも1万円〜2万円くらい高くなるとも言っていました。

よく考えてみると、PS4でも通常版のPS4とProが発売されているので、PS5でもProモデルが出ても不思議はないですね!

もしかすると、通常版は5万円程度の値段で、proモデルは10万円を超える超高性能になる……なんてこともあるかも!?