運営者情報

最近の子供が心配になった本をレビュー『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

AI vs. 教科書が読めない子どもたち 

この本にガツンと衝撃を受けたので、紹介します。

AIについての専門的な本かと思って読んだのですが、
それよりも最近の子供の読解力の低さについても書かれており、それが衝撃でした……。

1.内容の要約

本書を簡単に要約すると──
AIが人間に取って代わり、AIが人間を支配するようになるという映画『ターミネーター』や『マトリックス』のような世界は、絶対に実現しない。

AIが人間よりも優れているのは「論理・確率・統計」だけであり、それ以外のあらゆる分野においては、AIが人間を超えることはない。

「AIってスゲー!」とマスコミが宣伝しているのは主に「論理・確率・統計」だけであり、それ以外の分野では到底人間にはかなわないそうです。

AIといっても、しょせんはよくできた電卓に過ぎないのでしょうか?

2.読解力テストをやってみよう!

本書の後半では、日本人学生の読解力について書かれているのですが、個人的にはこっちの方がよっぽど衝撃的でした。

試しに、みんなも一緒に⬇︎⬇︎⬇︎の問題文を解いてみましょう。

読解力テストですよ!

第1問

次の文を読みなさい。

火星には、生命が存在する可能性がある。かつて大量の水があった証拠が見つかっており、現在も地下には水がある可能性がある。

この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを1つ選びなさい。

かつて大量の水があった証拠が見つかっているのは(  )である。

1.火星
2.可能性
3.地下
4.生命

第2問

次の文を読みなさい。

エベレストは世界で最も高い山である。

この文に書かれたことが正しいとき、以下の文に書かれたことは正しいか。「正しい」、「まちがっている」、これだけからは「判断できない」のうちから答えなさい。

エルブレス山はエベレストより低い。

1.正しい
2.まちがっている
3.判断できない

正解は……どちらも1が正解です。
なんのひっかけもないシンプルな問題ですよね。

ところが!
中学生だと62%、高校生だと35%がこの問題に正解できなかったのです。

もちろん、深読みしすぎてあえて正解できなかった賢い?学生もいたのでしょうが、この誤答率は衝撃的ですよね……。

2.読解力低下の原因は?

いくらでも原因はあるでしょうが、やはり最大の原因はインターネットの普及による長文読解能力の低下でしょうね。

ツイッターなどでは基本的に短い文章が爆発的に拡散されますし、
ネットで得られる情報のほとんどが、パズルの1ピースのような断片的なものです。

分厚い1冊の本を読む若い人が減っているのでしょう。

ふつう、大学以上の教育機関であれば、学生にまとまった量の本を読ませるはずですが、最近は少子化が進んだせいで「学生のお客様化」がすすんでいるので、
分厚い本を読ませるよりも、就活メソッドのようなものを分かりやすいCMのように教える傾向があります。

ネットの断片的なピースのみで構成されている人生観は、すごく危険です。

それは分かりやすくいうと、 まったく違う絵のピースをバラバラに所持しているようなものです。

バラバラのピースでは、自分の世界観をつかさどる絵を完成させることは絶対にできないのです。
話の通じない人

3.話の通じない人たちが支配する新時代

SNSには「話の通じない人たち」が大勢います。
リアルにもそういう人がいますよね。

読解力が低下することによって、他人の感情を理解して共感する力も大幅に低下すると思います。

想像してください。

なにを言ってもまったく話が通じない日本人を。

かつて、犬養毅は殺される直前に「話せば分かる!」と叫んだそうですが、
これからは、話したところで絶対にお互いに理解できない新時代(暗黒時代)が到来するかもしれません。

さらにこの先「移民が人口の1割を占める」と言われるような時代が到来すると…?
同じ日本人でさえ話が通じないのに、外国の文化を受けて育った移民に話が通じるでしょうか?

想像もしたくない怖い時代が来るかも……。
この本、とにかく恐ろしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です